(631,057 - 239 - 240)

馬之助の由来

馬之助神社

馬之助神社

高知県打井川という、四万十川の支流奥にある馬之助神社は、
昔から子供の病気にご利益があるとされ地元だけでなく、
たくさんの人々が参拝に訪れる地元でも有名な山奥のパワースポットです。
この神社の土地の持ち主が地元で古く造り酒屋を営む「無手無冠」のおかみです。

馬之助神社伝承

馬の助は約二百年昔貧乏百姓に生まれた為両親が口減らしに
心を鬼にし一の又山の現地より五十メートル下流に捨てる決心を
した。一週間ほど経って父親が様子を見に来ると馬の助はアカイコを
穫って食いよったという。その一ヶ月も経たぬうちに家族親族一同が
死に絶えたという。馬の助が一の又山で死んでからは人に災いが頻繁に
起きた為 馬の助の祈念祭を行った。それが旧暦の三月七日の大祭と
なって伝承されています。
御利益は 病気平癒 子宝 子供息災入学祈願 海上安全
            <馬の助神社石碑より>

馬之助栗90%焼酎

馬之助神社のあるこの地で栗九割使用の芳醇無比
「馬之助栗90%」焼酎を造りました。





未成年者への酒類の販売は致しておりません。

このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2017Shimantogawa Shochu BankAll Rights Reserved.